e-Parcel VCN-AX 2.0

e-Parcel VCN-AX 2.0 製品コンセプト

 e-Parcel VCN-AX2.0は、顧客システムとの連携による自動化をコンセプトとして開発された製品であり、また、e・パーセル電子宅配便サービスをお客様の業務システムの中に組み込んで高度な利用ができるよう様々なAPIをご提供いたしております。

ユーザはe-Parcelプログラムの存在を意識することなく、e・パーセル電子宅配便サービスのセキュア自動化デジタル配送が可能となります。

e-Parcel VCN CommCenter 6.0 ・ e-Parcel VCN-AX 2.0 は相互通信が可能です。

(新製品:VCN-CommCenter 7.0VCN-AX 3.0/4.0/4.5VCN-Web との通信は不可)

 

e-Parcel VCN-AX 2.0 とは?

 e-Parcel VCN-AX 2.0は、Windowsプラットフォームで動作し、バックグラウンドで、ファイル/フォルダを自動的に送信する、また、受信した添付ファイル/フォルダを自動的にフォルダへ移動することができるWindowsサービスプログラムです。

※Ver.2.0.2008(2008.4.1リリース)よりLinux(RHEL/X86-64),Macintosh(MacOS X/Intel)プラットフォームに対応

従来の製品HotFolderExとの互換性があります。CSV(カンマ区切りテキスト)形式で作成された送信・受信情報に従って、ファイル/フォルダを自動的に送受信できます。

標準クライアント e-Parcel VCN CommCenter へ自動化機能として装備されているコンポーネント版ホットフォルダ・自動受信の機能拡張バージョンとしてご利用いただけます。

 

e-Parcel VCN-AX 2.0 特徴

Windowsサービスとして動作するため、Windowsへのログオンの必要なし。

サーバにホットフォルダ・自動受信フォルダを設定し、ネットワークPCおよびサーバから利用する際に便利!

管理者向けツール『VCN-AX管理 コンソール』(Webブラウザ)を提供

VCN-AX 2.0

 

Web 2.0タイプ(HTTPベース)のAPIをサポート

最大1000件のホットフォルダ・自動受信のエントリーがCSV形式で設定可能

無停止連続動作でもメンテナンスフリー

ホットフォルダ・自動受信機能が動作した際のE-mail通知機能あり

再送信機能を装備

優先送受信機能を装備

コマンドラインからの送信機能、送受信履歴出力機能をオプション搭載

AxSend送信プログラム搭載

GUIをもつ「送信ダイアログ」を起動し手動にてデータを送信することがが可能

 

e-Parcel VCN-AX 2.0 必要動作環境

 e-Parcel VCN-AX 2.0の動作環境は、下記ページをご参照ください。

 必要動作環境 必要動作環境はこちら

 

e-Parcel VCN-AX 2.0 操作マニュアル

 e-Parcel VCN-AX 2.0製品のインストール・設定方法および管理コンソールの操作方法など、ユーザ様向けのマニュアルをPDFファイルにてご用意いたしております。以下のページよりダウンロード可能ですので、ぜひご活用ください。

 操作マニュアル マニュアルのダウンロードはこちら

 

e-Parcel VCN-AX 2.0 ソフトウェア ダウンロード

 e-Parcel VCN-AX 2.0 ソフトウェアをダウンロードする場合は、お客様専用のソフトウェアダウンロードURLへアクセスいただく必要があります。

[ソフトウェアのダウンロード方法]

サービスご利用開始時に「e-Parcel VCN-AX ご利用ID登録完了のお知らせ」メールへ記載されたお客様専用「ソフトウェアダウンロードURL」よりダウンロードいただけます。ご不明な場合は、お客様のユーザIDをお知らせのうえ、弊社カスタマーサポート E-mail support@e-parcel.co.jp までご連絡ください。

 

お問合せ先

イーパーセル(株)営業部

Tel 03-3556-6113 (直通)

E-mail sales@e-parcel.co.jp

※Webサイトお問合せフォームからも受付しております。